レッツ朝活サロン

「朝活を続けたい!」朝活できない人に必要な3つのコツを解説!

2022-06-24

朝活

おはようございます!だいき(@2021daiki)です。

「朝活はしたいけど続くか不安…」
「朝活を続けるためのコツとかないのかな…」

朝活をしたことがある方なら、一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

「続けようと思ってもなかなか続かない」

その原因の多くは、「朝活を続けるコツを知らないからです。
朝活は闇雲に続けようと思っても、継続するのは難しいです。

そこでこの記事では、
「朝活が続かない原因」と「朝活を続けるためのコツ」について解説していきます。

この記事を読むことで

と思うことでしょう。

「朝活を続けたい!」と考えている方は、ぜひ最後まで読んでください。
明日からの朝活が変わること間違いないです!

記事の後半で、『レッツ朝活サロン』についても、少しだけ紹介しています。
朝活サロンに興味がある方も合わせてご覧ください!

朝活が続かない3つの原因を解説

世の中には朝活が継続できる人と、継続できない人がいますがなぜでしょう?
継続できないのは意志の問題ではなく、朝活が続かない原因を知らないからです。

そこで、「朝活が続かない3つの原因」について考えてみます。

朝活が続かない3つの原因は、次のとおりです。

どれもシンプルな原因ばかりです。

あなた自身の朝活を振り返って、当てはまる原因がないか考えてみてください。

ちなみに、「朝活で起きれない」の原因や対処法をまとめた内容を書いてあります。
気になる方は合わせてご覧ください。

参考:『「朝活で起きれない…辛い…」朝活のためにやるべきこととは?

それでは、朝活が続かない3つの原因を詳しくみていきましょう。

原因①:朝活を「計画的」にできていない

まず朝活が続かない原因の1つ目は、朝活を「計画的」にできていないためです。

朝活をすると言っても

同じ朝活をすると言っても、どちらが続けやすいでしょう?
間違いなく後者ですよね。

選択するのは、思っている以上に集中力を消費します。
前もって朝活中にやることを決めておくことで、集中力を使わず朝活がスムーズにできます。

例えば、朝起きたら

と、このように前もって決めておくことで、朝起きてから考える必要がありません。
朝の貴重な時間を有効に使うために、事前に計画を立てておきましょう。

原因②:朝活をする「目的」が明確になっていない

朝活が続かない原因の2つ目は、朝活をする「目的」が明確になっていないためです。

みなさんは、

「あなたが朝活をする目的は?」

と聞かれてはっきりと答えられるでしょうか。

もし、このような理由で朝活を始めているのなら、朝活を続けるのは難しいかもしれません。

具体的な目的がなくても、数日だけの朝活なら出来ます。
しかし、朝活を継続しようとするなら明確な「目的」が必要です。

ちなみに、この記事の筆者が意識している目的は、

この3つを常に意識して朝活しています。

朝活を継続するのは、考えている以上に難しいのです。
まずはしっかりと朝活をする「目的」を自分自身で明確にしておきましょう。

目的をもって朝活をやるべき理由と、その方法についてはこちらの記事にまとめています。
気になる方は、合わせてご覧ください。

参考:『「その朝活は意味ないよ?」目的を持って朝活をやるべき3つの理由とは?

原因③:朝活をするための「仕組み化」ができていない

朝活が続かない原因の3つ目は、朝活をするための「仕組み化」ができていないからです。

「仕組み化」と「習慣化」は近い考え方ですが、新しい習慣に慣れるまで仕組みで続けるイメージです。

例えば、勉強を習慣にするために

など、仕組み化していきます。

仕組み化することで、自分の中に勉強する環境を作っていく。
仕組み化を続けて、一定期間過ぎると習慣になります。

朝活を続ける時の仕組みとして、おすすめなのは

など、です。

一度習慣になってしまえば、仕組み化を使わなくても継続できるようになります。
そのため、まずは習慣になるまでは、仕組み化を意識してみましょう。


朝活できない人に必要な3つのコツとは?

朝活は、「コツ」を知ることで、さらに続けやすくなることでしょう。
ここからは、朝活を続けるために必要な3つのコツについて解説していきます。

朝活のコツは人それぞれ違いますが、この記事では3つに絞りました。
その3つとは、次のとおりです。

・コツ①:起きれなかった時の代替案を用意しておく
・コツ②:睡眠時間の確保
・コツ③:翌日のスケジュールを作成しておく

「コツ」と言っても、シンプルな内容です。

この記事を読んだら、すぐにでも実践できる内容となっています。
ぜひ、あなたも実践してみてください。

コツ①:起きれなかった時の代替案を用意しておく

朝活を始めたばかりの頃は、毎日5時に起きるのは難しいと思います。

「毎朝5時に起きる!」

と決めても朝活始めたばかりの頃は、起きれないこともよくあります。
その度に「起きれなかった!」と思って、自己肯定感が下がっていませんか?

確かに、一定の時間に起きて、朝活をするのは大切です。
しかし、習慣になるまでには多少時間がかかります。

そんな時に大切なことが、

理想の時間に起きれなかった時の代替案を用意しておくこと」です。

例えば、

このようにあらかじめ決めておくことで、「起きれなかった!」と思うのではなく

「今日はこの時間から自分の出来る朝活をする!」

と切り替えることができます。
こうすれば自己肯定感が下がらずに、朝活を続けられるということです。

コツ②:睡眠時間の確保

朝活を続けようと思ったら、しっかりと睡眠時間を確保しておきましょう。
睡眠不足の状態で朝活をしても、それは「いい朝活」とは言えないです。

睡眠時間が足りていない状態では

など、さまざまな意識の低下がみられます。

一般的に成人の場合、「6時間30分〜7時間30分」の睡眠時間が必要と言われています。
朝活をしようと考えたら、まずは普段の睡眠時間を一旦見直してみましょう。

別記事で、「必要な睡眠時間」を知る方法をまとめています。
気になる方は、合わせてご覧ください。

参考:『「朝活って何時から?」朝活を継続するために必要な睡眠時間とは?

コツ③:翌日のスケジュールを作成しておく

コツの3つ目は、睡眠とも大きく関係しています。

それは寝る前に、翌日のスケジュールを作成しておくことです。

理由としては心理学の「ツァイガルニク効果」が関係しています。
ツァイガルニク効果は、終わったことよりも途中で中断していたり、挫折したり、といたことがよく記憶に残る心理現象のことです。

どう利用するかと言うと、寝る前に

この2つを紙に書き出すだけです。

紙に書き出すことで、「その日にやるべきことは完了した」と頭が認識します。
作業が完了したと判断するので、ツァイガルニク効果が発動しないで、スッキリと眠ることが可能です。

スケジュールと言っても、細かく書き出す必要はありません。
メモ帳に箇条書きで書くだけで大丈夫です!

今日から実践できる簡単なことなので、ぜひすぐにでも試してみてください。

参考:Wikipedia『ツァイガルニク効果

朝活を継続するために一度見直してみましょう

いかがだったでしょうか?
この記事では、「朝活を続けたい!」そんな悩みを持つ方に向け、「朝活が続かない原因」と「朝活を続けるためのコツ」について解説しました。

一見難しいと感じる朝活の継続も、原因とコツを知ればあなたにも可能です。
朝活を継続することで、自己肯定感も上がり朝活以外の活動にも、好影響があることは間違いないです。

まずはこの記事に書いているコツを実践して、自分の朝活を見つけていきましょう。

最後に

実は、この記事で解説した「続けるためのコツ」は、『レッツ朝活サロン』メンバーが実践していることが多い内容です。

メンバーの中には、さまざまな業種の方が朝活を継続しています。
交流することで、自分に合ったコツもきっと見つかります。

『レッツ朝活サロン』は、一緒に朝活をする仲間を応援しています!
もし1人ではなく仲間を見つけたい!そう思ったら気軽にこちらのお問合せフォームよりご連絡ください。



※紹介者に「だいき」と入れていただければ、私の紹介でサロンに入会することができます!

執筆者:だいき@移住Webライター

Pocket

その他記事

お問い合わせ

朝活サロンについての質問や
その他お問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ

朝活サロンに入会

入会ご希望の方は、
こちらから手続きをお願いします。

朝活サロン入会