→今なら7日間無料体験ができます!こちらをクリック←

フリーランスの時間の使い方とは?知っておくべき5つの方法を解説

だいき

おはようございます。だいき(@2021daiki)です

「フリーランスになって時間にルーズになった」
「時間の使い方はこのままでいいの?」

この記事を読んでいる皆さんは、このような悩みがあるのではないでしょうか?

しかし、そこまで難しく考える必要はありません。
時間の使い方を知ることで「時間の使い方」が変わっていきます。

この記事では、フリーランスの時間の使い方と日常の過ごし方について、解説しています。
現在フリーランスの方やこれからフリーランスを目指している方は、参考にしてください。

この記事を読むことで、

  • 「時間の使い方がわかった!」
  • 「1日の時間が増えた気がする!」
  • 「もっと早く知りたかった!」

と、時間感覚に対してイメージが変わることでしょう。

フリーランスにとって時間の使い方とは、最も重要なスキルです。

「時間の使い方を変えれば、仕事が変わります」

時間の使い方を見直して、これからのフリーランス人生を楽しんでください。

目次

「本当に自由なの?」フリーランスの時間の使い方

皆さんは、「フリーランスは仕事をする場所や時間を自由に決められる」というイメージがないでしょうか?
果たして、これは本当なのでしょうか?

結論からお伝えするとフリーランスは、全てが自由ではありません
実際には、

時間の使い方を自由に決められるのは事実ですが、それよりも時間の使い方を常に考える必要があります。

  • 毎日のルーティンワーク
  • クライアントとの打ち合わせ
  • 仕事獲得のための営業
  • 不測の事態への対処
  • 新しい知識のインプット

など、全ての業務を1人で対応する必要があります。
普段から時間の使い方を意識していないと、フリーランスとして続けていくことは難しいでしょう。

まずは、しっかりとした時間の使い方を覚えるのが重要ですね。

「会社員とは違う!」フリーランスの時間の使い方5選

フリーランスにとって時間の使い方を考えることは、とても重要です。
しかし、どうしたら時間の使い方が上手くなるのでしょう?

大切なのは、自分なりの時間の使い方を見つけることです!
他人と同じではなく、自分に合った時間の使い方を見つけましょう。

ここで解説する時間の使い方は、次の通りです。

  1. 自分で時間を決める
  2. 時間帯で仕事を変える
  3. 習慣化
  4. 朝活
  5. 記録と確認

既にフリーランスとして活動している方、これからフリーランスを目指している方なら、ご自身の時間の使い方を早く見つけましょう。

別記事で、時間の作り方をまとめた記事をご用意しています。
時間の使い方に迷っている方は、合わせてご覧ください。

参考:『「時間の作り方教えて!」自由な時間が作れる3つの方法とは?

①自分で時間を決める

時間の使い方の1つ目は、自分で時間を決めることです。

フリーランスは、自分の働く時間や休む日を自由に決められます。
会社員の時のように、他人が決めることはありません。

  • 1日のルーティン
  • 1週間のルーティン
  • 毎月のルーティン

などを自由に決められます。

人によっては、昼間は寝ていて、夜に作業することもできます。

会社員の時にはできなかった「自分で時間を決められる」のがフリーランスです。
目標に向かって、自分の時間を決めていきましょう。

②時間帯で仕事を変える

時間の使い方の2つ目は、時間帯で仕事を変えることです。

フリーランスは1日の中で、何時にどの仕事をおこなうのか決められます。
時間帯によって、向いている仕事と向いていない仕事があるようです。

例えば

  • 午前:重要な決断や意思決定が必要な作業に向いている
    →体も脳も一番活動的であるため
  • 午後:意思決定の少ない作業やインプットなどに向いている
    →体も脳も疲れている時間帯のため

時間帯を変えるだけで、作業効率が今まで以上に高まります。
時間帯を分けて仕事をしてみましょう。

③習慣化

時間の使い方の3つ目は、習慣化です。

毎日の仕事を意志の力で継続するのは、非常に難しいでしょう。
決めただけでは、なかなか継続できません。

この「意志の力」に頼るのではなく、「習慣」にすることで容易に継続できます。

  • 朝起きたら記事を書く
  • 作業は家ではなく、外でおこなう(カフェなど)
  • 寝る前に15分だけ読書をする
  • 毎週月曜日は友人と集まって作業会を行う

など、日々の生活の中に習慣として取り入れることで継続できます。

初めは小さな習慣からで大丈夫です。
意志の力に頼るのではなく、仕事が進められる「自分の習慣」を考えていきましょう。

④朝活

時間の使い方の4つ目は、朝活を取り入れて生活のリズムを作ることです。

フリーランスは、会社員と違って時間が自由な反面、不規則な生活になりやすいといえるでしょう。

先ほどまでの解説の通り、フリーランスは自分で時間を決められる働き方です。
しかし、生活リズムが崩れると仕事にも影響が出てしまいます。

そんな時は、朝活を取り入れてみるといいでしょう。

「朝活は何をすればいいの?」

という疑問もあります。

朝活でやることは、人それぞれ自由に決めることができます。

  • 定期的な振り返り
  • 1日のスケジュールの確認
  • 集中する作業

など。

自分に合った朝活を、見つけましょう。

『レッツ朝活サロン』をはじめとした、コミュニティを利用するのも効果的です。
もし、ご興味あれば『レッツ朝活サロン』の詳細はこちらをご覧ください。

参考:『【会員制コミュニティ】レッツ朝活オンラインサロン / 特徴と活動内容をご紹介!

⑤記録と確認

時間の使い方の5つ目は、定期的に記録と確認をすることです。

作業時間や全体の進捗状況を確認する習慣をつけておくことで、仕事のミスを減らすことにもつながります。

やり方は、

  • To Do リスト
  • 期間別の目標確認

などがあります。

ToDoリストで短期的な作業を確認をして、期間別の目標確認をすることで全体的な仕事の進み方を確認できるでしょう。

フリーランスは、普段から仕事全体を把握する必要があります。
そのために、記録と確認をするのが重要です。

フリーランスの1日の時間の使い方モデルケースを紹介!

ここまでを踏まえて、「どのような時間を使い方をしているの?」と疑問はないでしょうか?

そのような疑問をお持ちかもしれませんので、ここからフリーランスの1日の時間の使い方を見ていきましょう。

ここで解説する時間の使い方のモデルケースは、次の3つです。

  1. 午前 : 集中する作業
  2. 午後 : 情報収集、インプット
  3. 休日 : リフレッシュする

時間の使い方は、人それぞれです。

ここで解説した時間の使い方が絶対ではありません。
皆さんにあった、「ベスト」の時間の使い方を見つけるのが重要です。

時間の使い方のモデルケースとして、筆者の時間の使い方を参考に書いています。

午前:集中すること

午前中は、集中する作業に向いています。

起きてすぐの時間は、脳も体も1日の中で1番元気な状態です。
そのため、午前中は集中する作業や重要な判断をするのに向いている時間といえます。

  • 5:00〜6:00 
    朝活からスタート。
    朝の時間に、定期的なSNSの発信活動をしておきます。
    どうしても起きれない時は無理をせず、休むことも重要です。
  • 6:00〜9:00 
    執筆作業やコーディングなど、高い集中力を必要とする作業に向いている時間です。
    朝から集中したい時は、カフェなどに行って作業するのもおすすめ。
  • 10:00〜お昼
    企画立案や取引先との打ち合わせなど、人と会う仕事に向いています。
    朝が早いので、少し眠気が出てきた時は仮眠をとるなど、体調に合わせて行動しましょう。

集中する作業を午前中に済ませておくことで、午後に心の余裕が持てます。
急なお誘いにも対応できるようになるので、午前中に集中する仕事をするのはおすすめです。

午後:情報収集・新しいこと

午後は、仕事の中でも比較的集中力を必要としない仕事をするのに向いていると言えます。

  • お昼〜18:00
    お昼から夕方にかけては、仕事の中でもあまり集中力を必要としない作業をします。
    担当者との打ち合わせや仕事で必要なリサーチ作業など。
  • 18:00〜20:00
    夜の時間は、食事や家事全般をしながら、家族とのコミュニケーションの時間。
    映画を見たり、その時に人気の動画などをみながら、プライベートと情報収集の両方を意識しながら過ごしています。
  • 20時以降
    朝活を始めてから、20時以降は読書やインプット作業などの時間にしています。
    たとえ締め切りが近いといっても、寝る時間を削るのではなく朝の時間を最大限位利用しましょう。
  • 22:00
    就寝

朝活を始めてから、夜活の頻度と寝る時間が大きく変わりました。
睡眠時間を6時間以上確保するようにしているので、夜の予定がない日は早めに寝るようにしています。

休日:リフレッシュする

フリーランスの方は、休日を決めてリフレッシュすることも「仕事」と考えた方がいいでしょう。
1番やってはいけないのは、休まずに仕事を続けることです。

週末に休まず、平日に休めるのもフリーランスの特徴です。

フリーランスは、クリエイティブな作業を求められることが多いです。
しかし、休まずに仕事をしてしまい、クリエイティブが発揮できなくなっては意味がありません。

「仕事が立て込んでいるから休日を取らない」

繁忙期に休みが取れないことはあるでしょう。
しかし、日常的に休みを取らないのは、仕事のクオリティを下げることにもつながります。

事前にクライアントと打ち合わせをして、休みの日程を共有しておけば評価を意識することなく休むこともできます。
しっかりリフレッシュして、仕事につなげていきましょう。

「フリーランスに正解はない!」まず行動しましょう!、

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「フリーランスの時間の使い方がわからない」という方に対して、フリーランスの時間の使い方を解説しました。

フリーランスの時間の使い方は、全てが自由ではありません。

しかし、時間の使い方を工夫することで、今以上の成果を出すことも可能です。

大切なのは、皆さん自身で時間の使い方を考えて行動することです。

ぜひとも、時間の使い方を見直して、今以上の成果を出せるようにしていきましょう。

最後に

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: topBanner-img-1024x576.jpg


レッツ朝活サロンに興味のある方は、こちらのお問合せフォームよりご連絡ください。

執筆者:だいき@移住Webライター

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次