レッツ朝活サロン

「朝活の意味って?」成功者から学ぶ!最適な朝の過ごし方とは?

2022-07-02

朝活

おはようございます。だいき(@2021daiki)です

「成功者は朝活してるって本当?」
「成功者は、朝に何をしているの?」

このように思われる方は、多いのではないでしょうか?

今回の記事では、成功者の「朝の過ごし方」を元に、最適な朝の過ごし方について、解説します。

この記事を読むことで、

と、なるでしょう。

みなさんも「早起きは重要だ」と言うことを、既にわかっているかと思います。
しかし、実際に朝になると、

「何をしていいのかわからない」

なんて諦めていませんか?

そんな方は、この記事を読んでいただければわかります。
朝の過ごし方はとてもシンプルです。

ご自身の未来のために、明日の朝からさっそく行動してみましょう。

ぜひ、最後までお読みいただき、ご自身の朝活の参考にしてください!

なぜ、成功者の多くは「朝」にこだわるのか?

まず前提として、なぜ成功者の多くは「朝」にこだわるのでしょうか?

それは、1日の中で「脳がもっとも活性化している時間だ」と、知っているからでしょう。

脳科学者の茂木健一郎氏も、朝の3時間は1日の中の「ゴールデンタイム」とおっしゃっています。

働いた脳は、睡眠を取ることによってリセットされているようです。
そのため、睡眠直後の時間が1日の中で最も脳がフレッシュで、活性化している時となります。

成功者は、朝の重要性をよく知っているので、みなさん工夫しているのでしょう。


成功者6人の「朝の過ごし方」とは

では早速ですが、成功者の「朝の過ごし方」を解説していきます。

今回、解説する成功者は、次の通りです。

「え?これは流石にできない…」

といった内容もあれば、

「え?これなら明日からできる!」

といった内容もあります。
それでは確認していきましょう!

ちなみに、別記事で「早起きで人生が変わる7つの理由」について、まとめています。
『レッツ朝活サロン』メンバーのインタビューもあるので、ご興味があればお読みください!

参考:『「早起きで人生変わった!」早寝早起きで人生が変わる7つの理由とは?

朝の過ごし方①:デジタルデトックス(スターバックスCEO ハワード・シュルツ氏)

1人目は、スターバックスCEOのハワード・シュルツ氏を紹介します。

シュルツ氏は、毎日必ず4時半に起床して、決まったルーティンワークをすることで有名です。

そんなシュルツ氏の主な朝の過ごし方は、デジタルデトックス。
シュルツ氏は、朝起きると、身の回りのデバイスや通信機器の電源を切るそうです。

その後、毎日の決まったルーティンワークをしています。

朝のルーテインワークには、エクササイズや瞑想、家族との食事などがあります。
しかし、1日を気持ちよく過ごすためには、朝の貴重な時間にデジタルデトックスすることが重要だそうです。

世界的な企業の経営者ともなると、朝の過ごし方にも強いこだわりを感じますね。


朝の過ごし方②:メールチェック(現AppleCEO ティム・クック氏)

2人目は、現AppleCEOのティム・クック氏を紹介します。

クック氏は、毎日必ず7時間の睡眠時間を確保して、早朝3時過ぎには起床しているそうです。

そんなクック氏の主な朝の過ごし方は、メールチェック
毎朝、ビジネスメール700通以上に目を通してしてい流そうです。

もちろん、確認するだけではなく、必要なメールには全て返信しているというから驚きですよね。

その後は、プライベートジムで汗を流して、出勤しているそうです。
朝からこの作業量は、さすがAppleのCEOといったところでしょう。

朝の過ごし方③:ランニング(Twitterの創業者 ジャック・ドーシー氏)

3人目は、Twitterの創業者のジャック・ドーシー氏を紹介します。

ドーシー氏も、毎日7時間の睡眠を徹底していると言われています。

そんなドーシー氏の主な朝の過ごし方は、ランニング
毎朝、約10kmもの距離をランニングしているそうです。

健康にかなり気を遣っていたようですね。


朝の過ごし方④:情報収集(ディズニーの元CEO ロバート・A・アイガー氏)

4人目は、ウォルト・ディズニー社の元CEOのロバート・A・アイガー氏を紹介します。

アイガー氏も、夜9時過ぎには既にベットに入っていて、7時間の睡眠を徹底しているそうです。

アイガー氏の主な朝の過ごし方は、

と、様々な朝の過ごし方をしています。

アイガー氏は自身の著書で、ご自身のことを「意志の弱い人間」と言っています。
そのために、夜の予定はあまり入れず、睡眠時間をしっかり確保して、早起きに備えていたそうです。

ディズニー社をまとめるのは、並大抵の苦労では無いと思います。
朝4時半からの、規則正しい生活が、アイガー氏の支えになっていたことは間違いないでしょう。

朝の過ごし方⑤:執筆活動(作家 村上春樹氏)

5人目は、日本を代表する作家の村上春樹氏を紹介します。

そんな村上氏の主な朝の過ごし方は、執筆活動。
朝4時に起床をしてから、6時間連続で「執筆活動」をするそうです。

まさに、朝のゴールデンタイムを最大限に活用して、作品を作っていると言えるでしょう。

村上氏といえば「ノルウェイの森」などで有名ですが、作品の特徴はとても「平易な表現」と表現されます。
「敷居の低さ」「読みやすさ」とも言えるその特徴は、執筆中の村上氏の生活からもみてとれます。

午後にはランニングや読書・音楽鑑賞などをしてのんびり過ごし、夜の9時には寝るそうです。
作品の執筆中は、この生活を毎日繰り返しているそうです。

それが、ベストセラー作品を生み出すコツなのかもしれません。


朝の過ごし方⑥:近隣の掃除(カレーハウス CoCo壱番屋 創業者 宗次徳二

6人目は、カレーCoCo壱番屋 創業者で現会長の宗次徳二氏を紹介します。

宗次氏も、早起きで有名な方です。

現役時代から、プライベート用のタイムカードを用意して、毎朝起床時間を記録していたそうです。
現在は会長に就任していますが、今も変わらず毎朝3:55に起床していというから驚きを隠せません。

そんな宗次氏の主な朝の過ごし方は、掃除。
近隣の掃除と、ご自身で建てた宗次ホール近辺を毎朝掃除しているそうです。

そもそも、宗次氏が社長時代に、早起きをすることにしたきっかけは、

「お客様からくるアンケート用紙に、全て目を通すから」

と言っています。
大企業のトップに立つ経営者は、1人1人お客様の声を聞く姿勢が大切だということなのでしょう。

成功者から学ぶ!最適な「朝の過ごし方」3選とは?

成功者は、朝の過ごし方も人それぞれでした。
しかし、その中でも、筆者が感じた「いくつか共通点」があります。

筆者が感じた、「朝の過ごし方」の共通点は

です。

しかし、ここで大切なのは、ご自身にあった「朝の過ごし方」を探すのが重要です。

ここで解説している内容は、とてもシンプル。
これだけみると、すぐにでも実践できそうな内容ですよね。

ぜひ続きを読んで、みなさんの「朝の過ごし方」に取り入れられる内容をみつけてください。

朝の過ごし方①:体を動かす

おすすめの朝の過ごし方、1つ目は「体を動かす」ことです。

成功者の方々に共通してみられたのは、体を鍛える、または体調維持の為に、運動を取り入れています。

内容はハードなものから、軽いランニングまで様々です。
朝に体を動かすことで、脳の動きも活発になり1日のリズムを作りやすいのでしょう。

もし、この記事を読まれて、

「朝に運動をしてみよう!」

と思った方まずは、軽めの運動から始めることをおすすめします。

などから始めるといいでしょう。
ご自身の体と相談をして、無理のないことから始めるのが大切です。

朝の過ごし方②:思考する時間

おすすめの朝の過ごし方、2つ目は「思考する時間」を持つことです。

思考する時間といっても、2つあります。

日中は、常に家族や同僚などと一緒にいることが多いので、一つのことだけを思考することは難しいです。
その点、朝の時間は家族も寝ていて、何より頭が活性化している時間なので、集中することができます。

朝の時間を使って、ご自身について、または今やられているビジネスのことなどを、思考することに向いています。
思考することで、未来に向けての行動が明確になるでしょう。
今すぐにでも取り入れることができるので、早速明日の朝から始めてみましょう。

朝の過ごし方②:普段と違ったことに集中する

おすすめの朝の過ごし方、3つ目は普段と違ったことに集中することです。

情報収集とも似ていますが、朝の時間に、普段と違ったことに集中することで、新しい発見や気付きがあります。

具体的には、

などがあります。

朝の時間に、日中でもできる作業をするのは非常にもったいないです。
脳が活発に動いている朝の時間は、普段と違ったことに集中して新しいことを、意識的に考えてみましょう。

「朝の過ごし方」できることから初めてみる

いかがでしたでしょうか?
この記事では、「成功者から学ぶ!最適な朝の過ごし方」について解説してきました。

成功者の朝の過ごし方は、とてもシンプルですね。
おそらく、みなさんもすぐにでもできる内容ではないでしょうか。

そこで筆者から、みなさんに伝えしたいことは、

「朝の過ごし方を変えると、未来が変わる!」

ということです。

今はまだ何もしていなくても、朝の過ごし方を変えることで、未来が変わってきます。
ぜひ「今できることから始めてみましょう。」

『レッツ朝活サロン』では、

「何かを始めてみたい!」

そんな方を全力で応援しています。
ご興味がある方は、『レッツ朝活サロン』のメンバーと一緒に「朝の過ごし方」を変え、未来も変えていきましょう!

最後に

レッツ朝活サロンに興味のある方は、こちらのお問合せフォームよりご連絡ください。



※紹介者に「だいき」と入れていただければ、私の紹介でサロンに入会することができます!

執筆者:だいき@移住Webライター

Pocket

その他記事

お問い合わせ

朝活サロンについての質問や
その他お問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ

朝活サロンに入会

入会ご希望の方は、
こちらから手続きをお願いします。

朝活サロン入会