レッツ朝活サロン

「朝活って何時から?」朝活を継続するために必要な睡眠時間とは?

2022-05-19

朝活

おはようございます!ゆいあん(@yuian_positive)です!

「朝活って、何時からはじめればいいの?」
「何時に寝て、何時に起きればいいんだろう…」

早速結論からいえば、「起床時間より睡眠時間」が重要といえるでしょう。

確かに、人によって”目的”や”やること”などで朝活の活動時間は変わります。
しかし、もっとも大切なことは、みなさん自身が「無理なく」朝活を続けていくための「睡眠時間」なのです。

この記事では、このような悩みに対して「朝活を継続するために必要な睡眠時間」ついて、解説します。

この記事を最後まで読めば、

と、行動して、効果を体験することができます。

また、この記事の後半には、必要睡眠時間以外の「大切なこと」についても解説しています。
睡眠時間だけにこだわりすぎず、朝活をするための”本質”を知り、行動していきましょう!

朝活は何時に寝て、何時に起きるのがベスト?

朝活は何時に寝て、何時に起きるのがベストなのでしょうか?

結論からいえば、「人それぞれ」です。
ただ、それを判断するための基準を知らない方も多いかも知れません。

朝活をはじめる上で「大切なこと」として、筆者が思うに、

「朝活において”必要睡眠時間”は誰もが知っておくべき」

ということは間違いありません。

というのも、必要な睡眠時間を確保できない状態が続くと、

の悪影響を及ぼす可能性があります。

このことから、朝活を継続するためには「必要な睡眠時間」を確保することが大切といえるでしょう。

必要な睡眠時間を知り、朝活の目的などと照らし合わせて、寝る時間や起きる時間を逆算していくことをおすすめします。

朝活のために「必要な睡眠時間」は何時間なのか?

では、朝活のために「必要な睡眠時間」は何時間なのでしょうか?

結論からいえば、「人それぞれ」ではありますが、方法次第で知ることは可能です

ここからはそんな「必要な睡眠時間」について、解説します。
ここで解説する流れとしては、次のとおりです。

この記事で解説することは、専門的な知識や経験は一切不要です。
そのため、「お、できそう」と思っていただければ、明日から挑戦してください!

それでは、確認していきましょう!

「必要な睡眠時間」=1日のパフォーマンスが最大化される睡眠時間

では、あらためて「必要な睡眠時間」とはどのようなことなのでしょうか?

「朝活」を継続している筆者は、

「必要な睡眠時間」=1日のパフォーマンスが最大化される睡眠時間

と定義しています。

たとえば、次のような場面をイメージしてみてください。

どちらもみなさんの実体験ベースでイメージすると、

とイメージできたのではないでしょうか?
このイメージは、人によってさまざまです。

「1日のパフォーマンス」といった視点ででも同じことがいえるでしょう。
睡眠時間が「3時間」でも、パフォーマンスが高い方がいれば、一方で低い方も当然います。

身体のコンディションやモチベーションなどの視点も踏まえても、

「必要な睡眠時間」=1日のパフォーマンスが最大化される睡眠時間

と定義できることは間違いないでしょう。

自分の「必要な睡眠時間」を知ることが大切!

「必要な睡眠時間」の定義を共有しましたが、最も大切なことは、

みなさん自身が「みなさん自身」の必要な睡眠時間を知る

ということになります。

みなさんは、普段から睡眠時間を意識したことはありますか?

こんな感じの意識ではないでしょうか?

「朝活」といった視点からいえば、この必要な睡眠時間を明確に知っておくべきです。
知っておくだけでも、

を未然に防ぐことができます。

より良く「朝活」を続けていくためには、まずはみなさん自身の必要な睡眠時間を知っておきましょう!

「必要な睡眠時間」はトライアンドエラー!

ここからは必要な睡眠時間を知るための方法について、簡単に解説します。

結論からいえば、「トライアンドエラー」あるのみです。

具体的には、

  1. 1ヶ月間の睡眠時間を一定時間を意識して、生活
    (6時間であれば、毎日6時間睡眠)
  2. 次の1ヶ月間で1時間前後の睡眠時間に変えて、生活
    (先ほどの例であれば、5時間や7時間)
  3. さらに1時間前後の睡眠時間に変えて、生活
    (先ほどの例であれば、4時間や8時間)

といったようなことを繰り返して、確かめる方法です。

みなさんの身体やメンタルと相談しながら、必要な睡眠時間を探すことが大切となります。

「毎日◯時間だけど、体調に悪い影響ないし、朝活も捗りやすい」

このように感じれば、ゴールといえるでしょう。

地道ではありますが、無理のない範囲でこの方法をお試しください!

睡眠時間も大切だけど、もっと大切なこととは?

ここまでは「必要な睡眠時間」について、解説しました。

たしかに、「必要な睡眠時間」は、朝活をする上で欠かせない要素です。
しかし、朝活をするために「大切なこと」は他にもあります。

ここからは朝活をする上で必要な睡眠時間以外にも、大切なこと2つを解説します。
大切なこととは、次の2つです。

ここで解説する内容を心がけるだけでも、十分に朝活への効果が期待できるでしょう。

まずは「意識」から。

それでは確認していきましょう!

ちなみに、「朝起きれない!」で悩んでる方向けに、原因と対処法をまとめた記事もありますのでこちらをご参考にしてください!

参考:『「朝活で起きれない…辛い…」朝活のためにやるべきこととは?

また、「朝活」で明確な目的を持っていると、朝活がしやすくなります。
そのことについて解説している記事もご参考までに!

参考:『「その朝活は意味ないよ?」目的を持って朝活をやるべき3つの理由とは?

大切なこと①:とにかく「無理はしないこと」!

朝活をする上で大切なことの1つ目は、とにかく「無理をしないこと」です。

に起こりがちですが、無理をして身体を壊してしまう、なんてこともあります。
必要な睡眠時間をしっかりと確保し、体調やメンタルと相談しながら朝活をしましょう。

朝活を無理に継続すると間違いなく、
パフォーマンスも落ち、最悪の場合身体を壊す…。

だからこそ、朝活をする上で必ず、みなさん自身の体調にも気を遣ってください。
少しでも違和感があれば、「その日の朝活はやめる」といった判断も大切ですね。

大切なこと②:朝活がしやすい環境を整えていくこと!

朝活をする上で大切なことの2つ目は、朝活がしやすい環境を整えていくことです。

「人は、環境の生き物」

といわれるように、マインドやモチベーションだけでは朝活ができない場合もあります。

このような時は、みなさん自身の環境を整えていきましょう

環境といっても、ひとえに

さまざまな要素が挙げられます。

朝活をするために影響する要因を整理した上で、

「変えるべきもの」と「そのままでいいもの」

を選別しましょう。

ちなみに、「変えるべきもの」については、一気に変えようとしないでください。
一気に変わろうとすると、人は変化を拒む心理が働きます。
そして、身体やメンタルに負荷をかけてしまうかもしれません。

そのため、コツコツと「小さな変化」を積み重ねていき、着実に前進していくようにしましょう。

また、時には「仲間」と朝活をすすめることも効果的です。
ぜひ、みなさんの周りやコミュニティなどで朝活を取り入れてみてください!

『レッツ朝活サロン』もみなさんの変化を仲間で応援しています。
ご興味があればぜひ、「最後に」までお読みください!

朝活のためには、まずは「無理をしないこと」!

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「朝活を継続するために必要な睡眠時間」朝活をする上で「大切なこと」について、解説しました。

朝活のためには、まずは「無理をしないこと」
必要な睡眠時間を知った上で、みなさんの「無理のない範囲」でチャレンジしていきましょう。

みなさんにとって、「朝活」は”手段”のはずです。
朝活を無理にして、身体やメンタルを壊してしまっては本末転倒といえます。

そうならないためにも、みなさんが「みなさん自身のこと」を知り、コツコツと着実に進めましょう!

最後に

レッツ朝活サロンに興味のある方は、こちらのお問合せフォームよりご連絡ください。


※紹介者に「ゆいあん」と入れていただければ、僕の紹介でサロンに入会することができます!

執筆者:ゆいあん(結井杏祐)|ライフプランクリエイター

Pocket

その他記事

お問い合わせ

朝活サロンについての質問や
その他お問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ

朝活サロンに入会

入会ご希望の方は、
こちらから手続きをお願いします。

朝活サロン入会