レッツ朝活サロン

人生が変わる!?「朝活」のメリットとデメリットとは?

2022-05-11

朝活

おはようございます!ゆいあん(@yuian_positive)です!

「朝活がいいことはわかるけど、はじめられない・続かない…」
「朝活ってすごい人しかできないんでしょ?」

「朝活」と聞いて、このように思っていませんか?

朝活がはじめられない、続かない理由は、そのメリットとデメリットを明確に理解していないからかもしれません。

この記事では、あらためて「朝活」のメリットとデメリットについて、解説します。

この記事で

と、みなさんの「自分ごと化」として、朝活を捉えることができるでしょう。

すでに朝活で挫折しそうな人も、ぜひ最後まで読んでください!
メリットとデメリットを明確に理解することで、明日からの朝活が変わりますので!

今さら聞けない!そもそも「朝活」で何するの?

「いや、そもそも朝活で何するの?」

結論として、朝活の使い方は「十人十色」です。

具体的には、次のような朝活の使い方があります。

この使い方は、『レッツ朝活サロン』参加メンバーの朝活の使い方です。
さまざまな使い方がありますので、みなさんにとっての最適な使い方を試してみてください!

詳細は別記事でまとめています。
この記事とあわせて読めば、みなさんにとっての「朝活の使い方」のヒントになるかもしれませんね!

参考:『「朝活で何するの?」おすすめな朝活の使い方7選を徹底解説!

「朝活」の5つのメリットとは?

それでは、ここからが本題です。
「朝活」の5つのメリットについて、解説します。

ここで解説する5つのメリットとは、次のとおりです。

「朝活はいい」

これは誰もが知っているであろう、周知の事実です。
しかし、「何がいいのか」を具体的に説明できる人は多くありません。

ただ、朝活をする「目的」を明確にしなければ、意味がないといえます。
ここで、あらためて「朝活」のメリットを確認していきましょう。

メリット①:「仲間」が増える

朝活のメリットの1つ目は、「仲間」が増えることです。

今では、SNSやオンラインツールなどでさまざまな人々と繋がることができます。
朝活においても、同じことがいえるでしょう。

また、最近では朝活をするためのコミュニティもあります。
この『レッツ朝活サロン』もその1つです。

こういったツールやコミュニティを活用することにより、多くの仲間と繋がることが可能です。

筆者も実際に『レッツ朝活サロン』に参加したことにより、同じ方向の志を持った仲間が増えたことは間違いありません。

大切な仲間と繋がれたことも、「朝活」がなかったら叶わなかったことでしょう。
そのため、朝活のメリットとして挙げさせていただきました!

メリット②:圧倒的な生産性の向上

朝活のメリットの2つ目は、圧倒的な生産性の向上です。

脳科学者である茂木健一郎氏は、朝の時間のことを「脳のゴールデンタイム」と表現しています。
脳の構造的に朝の時間に行う作業は、夜で行う作業の2〜4倍ほどの作業効率があるそうです。

また、朝の時間を活用することで物理的にも活動可能時間が増えます。

この「脳のゴールデンタイム」と物理的な活動時間の増加をかけ合わせることで、

「1日が48時間になる」

ということが樺沢紫苑氏の著書『神・時間術』にもあります。

科学的にも、朝活のメリットが裏付けられているということでしょう。

メリット③:周りの人と差ができる

朝活のメリットの3つ目は、周りの人と差ができることです。

朝活の時間を有効活用することで、朝活をしていない人と圧倒的な差ができます。
それは、仕事も、プライベートも問いません。

仕事であれば、周りよりも成果を挙げることができます。
プライベートであれば、周りよりも「みなさんのやりたいこと」を充実させることが可能です。

朝活をしている人は、それだけ努力をしているということなので、当然の結果ではあります。

人と比べることではありませんが、この違いはやはり朝活をした人のみが受けられるメリットといえるでしょう。

メリット④:健康的な習慣が手に入る

朝活のメリットの4つ目は、健康的な習慣が手に入ることです。

朝活を取り入れることで、このような”健康的な生活リズム”をつくり出すことが可能です。
これはみなさんもイメージしやすいのではないでしょうか?

生活リズムを整えるだけでも、体内ホルモンを整えることができ、健康に繋がります。

このような悩みがあれば、ぜひとも朝活で健康的な習慣を手に入れてください。

メリット⑤:充実した1日のスタートを切れる

朝活のメリットの5つ目は、充実した1日のスタートが切れるということです。

朝活の時間でやりたいことややるべきことを終わらせることができれば、気持ち的にも晴れやかな状態で1日を迎えることができます。

朝活をはじめるまで使っていた日中のスキマ時間や夜の時間。
これらの時間を「みなさんのため」に使うことができます。

お昼までに仕事を終わらせ、午後からは「自分のため」に時間を使う。

そんな充実した1日のスタートを「朝活」で切ることができるのは、理想的ではないでしょうか?

「朝活」の3つのデメリットとは?

では、「朝活」のデメリットはあるんでしょうか?

結論からいえば、誤った使い方や考え方であればデメリットになります。

ここで解説する「朝活」の3つのデメリットは、次のとおりです。

朝活をすれば、人生を豊かにできるということは確かです。
しかし、何事も「誤った」使い方や考え方であれば、その結果はマイナスに作用します。

朝活がはじめられない・続かない人にあてはまるものもあるかもしれません。
あてはまっても落ち込まず、改善策を一緒に考えていきましょう。

ちなみに、別記事でも「朝起きれない」原因と対処法をまとめていますので、ご参考までに!

参考:『「朝活で起きれない…辛い…」朝活のためにやるべきこととは?

デメリット①:誤った朝活で不健康になる

朝活のデメリットの1つ目は、誤った朝活で不健康になるおそれがあることです。

たとえば、

ついつい、朝活を継続するために無理をしてしまうケースです。

この状態を継続すれば、いつか身体を壊すことになります。
そういった意味でもデメリットといえるでしょう。

デメリット②:極端だと、周りとズレていく

朝活のデメリットの2つ目は、極端だと、周りとズレていくことです。

朝活を極端に取り組んで、職場やプライベートなどの交流を軽視していると周りとの「ズレ」が生じてしまいます。

とくに会社員であれば、飲み会や上司・同僚などの誘いもあることでしょう。
これを考えもせず、「朝活があるから」と断ってしまっては今後の関係性にも響くおそれがあります。

いわゆる「飲みニケーション」を肯定する訳ではありませんが、何でもかんでも判断基準を「朝活」に置くといった極端な考えにはならないようにしてください。

と思っていれば、気にしなくていいかもしれません、
そうでない人は、注意しましょう。

デメリット③:日中の活動に支障をきたす場合がある

朝活のデメリットの3つ目は、日中の活動に支障をきたす場合があることです。

会社員の人であれば、日中は仕事の人が多いのではないでしょうか?

朝活をしていれば、お昼の時間帯あたりになると眠気が襲う場面があります。
つい居眠りをしてしまい怒られてしまう…なんてことがあっては、元も子もありません。

このような時には、お昼休みの時間にパワーナップ(仮眠)を取ることがおすすめです。
15〜30分くらいの睡眠でもかなり眠気はなくなります。

お昼の睡魔がお悩みであれば、ぜひパワーナップを取り入れてみましょう!

人生を変える「朝活」!みなさんにとっての最良の朝を!

いかがだったでしょうか?

この記事では、あらためて「朝活」のメリットとデメリットについて、解説しました。

人生を変えることができる「朝活」
みなさんにとっての「最良の朝」を迎えるためにも、ぜひメリット・デメリットをおさえておきましょう!

『レッツ朝活サロン』であれば、この記事で解説したメリットを十分に体感することができます。

仲間と一緒に、楽しく、高め合いながら、人生を変えていきましょう!

最後に

レッツ朝活サロンに興味のある方は、こちらのお問合せフォームよりご連絡ください。


※紹介者に「ゆいあん」と入れていただければ、僕の紹介でサロンに入会することができます!

執筆者:ゆいあん(結井杏祐)|ライフプランクリエイター

Pocket

その他記事

お問い合わせ

朝活サロンについての質問や
その他お問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ

朝活サロンに入会

入会ご希望の方は、
こちらから手続きをお願いします。

朝活サロン入会